税金滞納でも借りれるローンで差し押さえを回避

税金を滞納しているけど払うお金がない。そんな時に借りれるローンや差し押さえを回避するための対処方法などを掲載しています。

税金延滞で差し押さえ

延滞した税金を分納していたのに差し押さえられた!

延滞した税金を分納していたのに差し押さえられた!

延滞した住民税を一括で納付できなかったので、市役所に相談して分割で納付していました。なのに、突然、預金口座を差し押さえられてしまいました・・。 いったい何故なのでしょうか?
  分納はあくまでも一時的な措置なので、財産調査の結果、納税する財産があると判断されると、給料や生命保険、預貯金などが差し押さえられる事もあるのです。

延滞した税金は、基本的には一括での納付を義務付けられています。

やむを得ない事情により納期限内の納付が難しい・・という人には、分割納付が認められますが、分割納付はあくまでも一時的な措置に過ぎないので、滞納している税金が支払えるだけの資産があると判断されてしまうと、本人に断りもなく差し押さえられてしまうのです。

滞納している税金の取り立ては、ある意味、闇金の取り立てよりも厳しいかもしれません。

税金を滞納していてもお金を借りることはできます。分納しているから・・。と安心せずに、滞納している税金は、お金を借りてでも極力早めに支払ってしまったほうがよいかもしれません。

icon-arrow-right 差し押さえられる前に!滞納した住民税の支払いにも使えるローンはこちら!

滞納していた税金を分納していても差し押さえらえるケース

分割納付はあくまでも例外的な取り扱いなので、分割納付をしているから差し押さえをされないということはありません。

納税は義務であり、ほかの納税者との不公平感がないようにと滞納者に対しての措置はとても厳しいようです。

滞納した税金を分割納付していても、未納分は滞納していることに変わりはありません。

滞納している税金を分割納付していても差し押さえられるケースとしては、「預貯金があるのに税金を滞納し続けている」場合や「生命保険の解約金がある」「不動産や車を所有している」場合などです。

じゅうぶんな貯金がありながらも税金を滞納しつづけていると、貯金が差し押さえられることになります。

貯金を崩したくないから・・と、貯金があることを隠して滞納した住民税を分割納付していたとしても、財産調査が行われてしまうと、貯金があることがバレて差し押さえられ、預貯金は金融機関から引き落とされてしまいます。

また、生命保険をかけていれば、それも資産とされるので、解約され、解約返戻金などから滞納している税金が徴収されることもあります。

恐ろしいことに、預貯金からの引き落としも、生命保険の解約も、予告もなく勝手におこなわれてしまうのです。

また、自動車や不動産、家財などが差し押さえれて、公売などで売却され、滞納した税金に充てられることもあります。

icon-arrow-right 差し押さえられる前に!滞納した住民税の支払いにも使えるローンはこちら!

差し押さえを回避するには?

差し押さえを回避するには、残っている滞納分を一括納付してしまうか、誠意をもって役所に相談しましょう。

分割納付をしていたとしても、滞納した税金を支払える余裕があるのに、納税をしぶっていると差し押さえにあうこともあります。

滞納した税金は、一括納付が義務付けられていますので、分納はあくまでも一時的な処置に過ぎません。

税金を払えるのに払わない。という理屈は通らないのです。

差し押さえになる前に、「ボーナスが出た。」「退職金をもらった。」「保険が満期になって保険金が支払われた。」など、お財布事情に余裕ができたら、極力残っている滞納した税金を支払ってしまった方がよいでしょう。

役所や税務署は、延滞した税金の分割納付は約1年で完納することを目安としています。

分割納付していても、滞納した税金には延滞金もついていきますし、税金の支払いは毎年発生しますので、滞納が続くと税金の支払額が加算されていくばかりです。

病気や災害、事業を廃業したなどで税金を一時に納付することができないときは、申請により1年以内の期間に限り、徴収することを猶予できるとしています。

滞納した税金をどうしても払えない時には「税金を払いたいけど、どうしても払えない・・。」という姿勢で、嘘をつかずに誠意をもって役所に相談しましょう。

-税金延滞で差し押さえ

Copyright© 税金滞納でも借りれるローンで差し押さえを回避 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.